ウルセラのしくみや方法

image

美容クリニックや美容整形外科を訪れる人の中でも、特に多い悩みは「顔のたるみ」です。美容に関する悩みは他にもニキビや毛穴の開き・黒ずみなどがありますが、この顔のたるみに関しては加齢と共に避けがたく訪れるものであり、また化粧などで簡単に隠すこともできません。本格的に対策をしようとするのであれば、やはり外部からの施術を受けることが最も適切な方法となります。
顔のたるみ治療として、一番重要な効果はリフトアップ(引き上げ)効果です。そのために現在最も注目を浴びている方法が「ウルセラ(Ulthera System)」です。ウルセラ(Ulthera System)では、リフトアップ効果を出すため1回で高い熱を長時間、そして深く加えます。同じような熱による肌内部への働きかけでリフトアップ効果を出すものにサーマクールがあります。外科手術によらないリフトアップ方法として、ウルセラ(Ulthera System)とサーマクールはよく比較をされています。
他にも、リフトアップ用の治療機器としてポラリス、リファーム、テノール、タイタンなどがありますが、それらは基本的に加える熱の温度や深さが浅いため、たるみの治療というより、たるみの予防で使われる場合が多くなっています。
ウルセラ(Ulthera System)登場は、そのような「予防」でしか対処ができなかったデイスリフトアップに新しい風を吹き込み、顔のたるみの治療の選択枝を大幅に増やすことになりました。